仕事では2種類を使い分けよう

>
この記事をシェアする

お客さんにイメージしてもらうこと

商品やサービスのイメージを決める

テレビコマーシャルやチラシを作る時に、芸能人を起用するのはとても良い方法です。
お客さんが会社をイメージしやすくなるので、プランニングに効果的です。
芸能人を決める際は、商品やサービスの雰囲気に合っている人を選択しましょう。
衣料品を扱う会社の場合は、オシャレなモデルや女優がおすすめです。

スポーツに関係する商品だったら、アスリートを起用すると雰囲気に一致すると思います。
雰囲気が全く合っておらず、ただ単に今人気だからという理由で芸能人を起用しないでください。
そのようなテレビコマーシャルやチラシを見ると、お客さんが違和感を抱きます。
会社のイメージアップにはつながらないので、商品の雰囲気を固めてください。

良いイメージを持ってもらおう

SNSを使って宣伝している際は、お客さんとコミュニケーションを取るのが良い方法です。
すると良いイメージを持ってもらいやすくなります。
お客さんから、会社の良いイメージを持ってもらうこともプランニングの目的になります。
お客さんがコメントを残してくれたら返信したり、キャンペーンを開催したりしても良いでしょう。

お客さんが楽しく参加できるキャンペーンを考えてください。
また毎回、キャンペーンや商品の宣伝方法を変えるのもおすすめです、
毎回同じ方法を繰り返していると、お客さんが飽きます。
すると宣伝しても、内容を見てもらえません。
会社のイメージが低下する原因になるので、宣伝の方法をたくさん考えて実践しましょう。


Copyright © マーケティングとブランディングの違いはどこにある?. All Rights Reserved.

TOPへ戻る